プロミスやアコムのような消費者金融に不安を感じる方は、新生銀行レイクのような銀行カードローンに申し込んでいます。

現在では、国による規制も強化されているので消費者金融でも安心して申し込めますが、女性の方などには、不安が残るのかもしれません。

ここでは、レイクに申し込まれる方が、審査落ちないためのポイントについて説明します。


■レイクの申込条件を確認

レイクの審査に落ちてしまう理由の一つに、「申込条件を満たしていない」ということがあります。

申込条件は、キャッシング会社ごとに決めた「申込みができる人」ですので、必ず満たしていなければならないものです。

レイクの場合は、「満20歳~70歳(国内居住の方)」が申し込めるとしていますので、未成年者や71歳以上の方でなければ申し込めます。


■申込み時のウソについて

次に、ウソがばれて審査落ちしてしまう、ということがあります。

最もバレやすいウソは、他社の借入残高や件数についてです。

レイクは、審査のときに信用情報機関のデータベースを見ますので、他社の借入状況は簡単に分かります。

申込み時にあえて聞いているのは、あなたがウソつく人かどうかを確認するためです。

他社の借入残高や件数よりも、「ウソ」のほうが悪影響を及ぼしますので、ありのままの借金の状況を申告するようにしてください。


■レイク審査に必要な書類について

レイクの審査基準は、他社のカードローンと同様、外部には公表されていません。

そのため、審査に通るかどうかは、受けてみないと分かりません。

レイクの申込みに必要になる書類は、運転免許証(なければ健康保険証など)と収入証明です。

100万円以下の希望なら、収入証明がなくても申し込めます。

「審査に通るか...」と悩んでいるだけでは、お金を借りることはできません。

どこかで覚悟を決めて申し込むしかありませんので、早めに申し込んでしまった方が良いでしょう。

万一、審査落ちしてしまったら、そこで、次の対策を立てれば良いだけのことです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7